OMM / Classic 25 / black-yellow

OMM / Classic 25 / black-yellow / one size / 16,740 yen

2016春夏ロット分のNEWカラーが入荷!大人の色気を醸し出すpurpleが入荷!定番black-yellow(上段写真)が正面のblack部分もyellowになったという変更点です。基本性能や細かい部分も変更なしです。今までの縦走登山からライトウェイトハイキングやスピード、ランニングを取り入れたファストパッキングを目指している方にはこの25㍑がオススメ!OMMレースやファストパッキング、日帰りライトウェイトハイキングにピッタリ!

パック自体の重量は670g(付属マット:130g)と、他ブランドと比べると超軽量のパックとは言えないが、これほどある程度の重い重量を背負って走れるパックというのは探してもそうはない。シルナイロンやキューベンファイバーも超軽量ではあるが、正直、丈夫さという点では少々不安感もある方は多いはず。その点、このclassic25のいかにも丈夫そうな生地は数日間を要するファストパッキングやウルトラライトハイキング、スピードハイキングなどでは頼もしい存在であることは確か。岩場などのテクニカルなセクションでもパックの破れを気にせず雑に使用でき、休憩時も岩にパッと置いたり、面倒くさがりな人間にはかなり楽チン。生地自体の撥水性もかなりのもので、雨蓋方式の開閉なので雨も侵入しにくく、パックカバーも不要(完全防水ではないので、もちろん中で防水処理はある程度しておいた方がベター)。

個人的な一番のお気に入りのポイントは荷物をパッキングした後のランニング時のバランスが非常に素晴らしい点。今までは、このクラスのパックは○acpac/Amprace25を使用していたが、長時間のランニングとなると、ショルダーベルトのパックを背中に寄せ付けるスタビライザーがゆるんできてストレスを感じていたが、このモデルは全くそのような事がなく、非常に安定して身体に吸い付くようなフィット感があり、これぞ走れるパックと言える。探していた方々は分かると思うが、何気にこのあたりの容量で走れるパックというものがホンマに無い!テラノバ、イノベイトなどのパックと比べると、外側のメッシュポケットなどの容量が多くなるので、20㍑クラスでは、パッキング的にまだ不安がある方、食料や水が多く、数日間の山行時はこのclassic25がかなりオススメ!

このパックの最大のポイントは、背面の背負い心地!店頭で背負っていただくのが一番であるが、身体に吸い付くようなフィット感があるので、これで長時間のランニングができてしまう。男性はもちろんのこと、女性も身長にもよるが使用可能。このクラスの走れるパックにしては、厚めのショルダーパットだが、この絶妙な厚さが5kg程度の荷物の重さでも、快適にパックを背負いながら走ることが可能となる。これで、身体へのストレスが減少され、胸のチェストベルトを締めるだけで荷物が暴れずに安定しくれる。

¥ 16,740

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

※10,800円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。